特別控除の重要性

Permalink

家と電卓とお札課税譲渡所得にかかる税金の金額は、所有期間によって大きく変わってきます。
不動産を売却した年の1月1日時点で所有期間が5年以下の場合には、短期譲渡所得に分類され、納める所得税は課税譲渡所得×税率30パーセントで計算され、住民税は課税譲渡所得×税率9パーセントで算出された金額を収める事になります。
これに対して、不動産を売却した年の1月1日時点で所有期間が5年を超えるような長期譲渡所得の場合には、所得税は課税譲渡所得×税率15パーセントになり、住民税は課税譲渡所得×税率5パーセントとかなり安く抑える事ができます

また、所有期間が10年を超えているような超長期譲渡所得の場合には、譲渡所得が6000万円以下の場合には、所得税が課税譲渡所得×税率10パーセントになり、住民税は課税譲渡所得×税率4パーセントになります。
譲渡所得が6000万円を超えるような場合でも、所得税は課税譲渡所得-6000万円の値に税率15パーセントをかけ、その金額に600万円を上乗せした物になります。住民税は課税譲渡所得から-6000万円を引いた物に税率5パーセントをかけ、その数値に240万円を上乗せした金額になるなど、かなりリーズナブルになっております。これは、不動産を投資目的で転売する方に重い税金をかけ、その分、長く居住スペースとして使用していた方を優遇する流れになっているからです。