確定申告の必要性

Permalink

家を売却すると、購入した金額よりも高く売れる場合と、購入した金額よりも安く売れる場合の2パターンがかんがえられます。実は、不動産を売却した時にでた利益は税金がかかる事になります。つまり不動産を購入した金額よりも売却した金額が高いような場合には、確定申告を行い所得税と住民税を支払わなければいけなくなるのです。しかし、一般的には、近くに駅ができたり、高速の乗り口ができたり、都市開発が行われたりしなければ、不動産自体の価値は時間が経つにつれ落ちて行きますので、土地の値段が変わらなくても上物の価値がさがります。その為、購入金額よりも高くなるという事は稀になります。

また、税金がかからない方は、購入金額よりも安く売却した方だけでなく、譲渡所得が3,000万円以下の場合にもかからなくなります。この譲渡取得とは、家が売れた金額から家を購入した金額と家を取得するのにかかった仲介手数料や測量費、登録免許税、登記費用、不動産取得税、ローン保証料などの取得費、売却の際に支払った仲介手数料、広告料、印紙税などを引いた金額の事です。この金額が3,000万円を下回るようなら所得税や住民税はかからないので安心です。また、これらの譲渡所得には特別控除と呼ばれるものを使って申請金額を下げる事も出来ますので合わせてチェックする必要があります。