家を売る前に知っておくべきこと

Permalink

転勤や結婚、出産などでそれまで所有していた家を売るような場合には、家を売るまでの事だけでなく、家を言った後の事についてもしっかりと頭に入れておく必要があります。不動産を売却した後には、不動産仲介業者に仲介や売却の手続きを依頼しているような場合には、売買契約が成立したことに対する成功報酬として、不動産の売却を依頼した不動産業者に媒介手数料を支払わなければなりません。媒介手数料の上限は、売買価格の3.24%+64,800円になっております。これは、消費税が8パーセントの時の計算ですので、消費税が上がれば金額も変ります。

また不動産を売却した時の費用は購入者が負担するのか、売却する側が所有するのかは契約の内容によって異なります。特に登記関係は売却する側が負担するケースが多くなっております。例えば、 登記名義人と実際の権利者が異なる場合や相続登記が終わっていない場合、増築の登記が終わっていない場合、住所の変更登記、抵当権の抹消登記などは売却側が負担するケースが多くなっております。

他にも 担保権抹消費用などがあります。担保権抹消費用は。金融機関に設定されている抵当権を抹消するために必要な手続きに関する費用です。この抵当権とは、不動産を購入する時などにその不動産を担保として金融機関に住宅ローンを組む時に必要だった手続きになります。この抵当権が残っているような状態だと不動産の売却が出来ないので、住宅ローンの残債を支払い抵当権の抹消をする必要があります。一般的に担保権抹消費用は2万円程度となり、こちらも必要な出費となります。

これ以外にも不動産を売却した後に負担する物はいくつかあります。事前にしっかりと知っておかないと、お金が足りなくなってしまう可能性がありますので、こちらのページで簡単にご紹介させて頂きます。