不動産売却情報サイト

特別控除の重要性

Permalink

家と電卓とお札課税譲渡所得にかかる税金の金額は、所有期間によって大きく変わってきます。
不動産を売却した年の1月1日時点で所有期間が5年以下の場合には、短期譲渡所得に分類され、納める所得税は課税譲渡所得×税率30パーセントで計算され、住民税は課税譲渡所得×税率9パーセントで算出された金額を収める事になります。
これに対して、不動産を売却した年の1月1日時点で所有期間が5年を超えるような長期譲渡所得の場合には、所得税は課税譲渡所得×税率15パーセントになり、住民税は課税譲渡所得×税率5パーセントとかなり安く抑える事ができます

また、所有期間が10年を超えているような超長期譲渡所得の場合には、譲渡所得が6000万円以下の場合には、所得税が課税譲渡所得×税率10パーセントになり、住民税は課税譲渡所得×税率4パーセントになります。
譲渡所得が6000万円を超えるような場合でも、所得税は課税譲渡所得-6000万円の値に税率15パーセントをかけ、その金額に600万円を上乗せした物になります。住民税は課税譲渡所得から-6000万円を引いた物に税率5パーセントをかけ、その数値に240万円を上乗せした金額になるなど、かなりリーズナブルになっております。これは、不動産を投資目的で転売する方に重い税金をかけ、その分、長く居住スペースとして使用していた方を優遇する流れになっているからです。


居住用財産としての特例

Permalink

部屋でくつろぐ女性のイラスト家を売る時の税金は、売却した不動産が、居住用財産であったかどうかによって大きく異なります。
この居住用財産がどのような物なのかというと、売却する所有者が住んでいた自宅という扱いの物件になります。
例えば、第三者が生活していたとしても、所有者と住んでいる人が異なりますので、居住用財産にはなりません。

しかし、家を売却する場合には、既に新しい家を購入していてそちらに引越した後で売却するケースが多くなっており、既に売却する物件に住んでいない可能性もあります。
そういった場合には、その不動産に住まなくなってから3年が経過した年度末までに売却する事が出来れば居住用財産としての特例などを受ける事ができます

また、自分が所有している不動産に一緒に過ごしていた家族を置いて単身赴任などをした場合には、居住用財産として扱われます。その為、単身赴任の期間が3年を超えていても、売却する時には居住用財産としての特例などを受ける事ができます。しかし、家族が生活しているような場合には、家族が生活しなくなってから1年以内に売却しないと居住用財産としての特例などを受ける事ができませんので、できれば、家族が住んでいる状況で不動産仲介業者に依頼して、購入者を募るのがおすすめです。購入者も実際に住んでいる方の状況などを知る事ができるので、購入しやすいといったメリットもあります。


確定申告の必要性

Permalink

申告家を売却すると、購入した金額よりも高く売れる場合と、購入した金額よりも安く売れる場合の2パターンがかんがえられます。
実は、不動産を売却した時にでた利益は税金がかかる事になります。
つまり不動産を購入した金額よりも売却した金額が高いような場合には、確定申告を行い所得税と住民税を支払わなければいけなくなるのです
しかし、一般的には、近くに駅ができたり、高速の乗り口ができたり、都市開発が行われたりしなければ、不動産自体の価値は時間が経つにつれ落ちて行きますので、土地の値段が変わらなくても上物の価値がさがります。
その為、購入金額よりも高くなるという事は稀になります。

また、税金がかからない方は、購入金額よりも安く売却した方だけでなく、譲渡所得が3,000万円以下の場合にもかからなくなります。
この譲渡取得とは、家が売れた金額から家を購入した金額と家を取得するのにかかった仲介手数料や測量費、登録免許税、登記費用、不動産取得税、ローン保証料などの取得費、売却の際に支払った仲介手数料、広告料、印紙税などを引いた金額の事です。
この金額が3,000万円を下回るようなら所得税や住民税はかからないので安心です。また、これらの譲渡所得には特別控除と呼ばれるものを使って申請金額を下げる事も出来ますので合わせてチェックする必要があります。


家を売る前に知っておくべきこと

Permalink

家のイラスト転勤や結婚、出産などでそれまで所有していた家を売るような場合には、家を売るまでの事だけでなく、家を言った後の事についてもしっかりと頭に入れておく必要があります。
不動産を売却した後には、不動産仲介業者に仲介や売却の手続きを依頼しているような場合には、売買契約が成立したことに対する成功報酬として、不動産の売却を依頼した不動産業者に媒介手数料を支払わなければなりません
媒介手数料の上限は、売買価格の3.24%+64,800円になっております。これは、消費税が8パーセントの時の計算ですので、消費税が上がれば金額も変ります。

また不動産を売却した時の費用は購入者が負担するのか、売却する側が所有するのかは契約の内容によって異なります。特に登記関係は売却する側が負担するケースが多くなっております。例えば、 登記名義人と実際の権利者が異なる場合や相続登記が終わっていない場合、増築の登記が終わっていない場合、住所の変更登記、抵当権の抹消登記などは売却側が負担するケースが多くなっております。

他にも 担保権抹消費用などがあります。担保権抹消費用は。金融機関に設定されている抵当権を抹消するために必要な手続きに関する費用です。この抵当権とは、不動産を購入する時などにその不動産を担保として金融機関に住宅ローンを組む時に必要だった手続きになります。この抵当権が残っているような状態だと不動産の売却が出来ないので、住宅ローンの残債を支払い抵当権の抹消をする必要があります。一般的に担保権抹消費用は2万円程度となり、こちらも必要な出費となります。

これ以外にも不動産を売却した後に負担する物はいくつかあります。事前にしっかりと知っておかないと、お金が足りなくなってしまう可能性がありますので、こちらのページで簡単にご紹介させて頂きます。